コンテンツSEOについて

コンテンツSEOとは

小手先の技術ではない本当のSEO

WEBサイトを運営する中で、避けては通れない「SEO対策」
その手法は一つではなく、多くの人が色々な考えのもと多くの手法を生み出しています。

その中でもLC-Worldでは「ユーザーにとって本当に価値のあるコンテンツの提供」
を推奨しています。

個人事業主に
最適なSEO

コンテンツSEOの基本はゆっくりと安定した集客

数あるSEOの中でも、コンテンツSEOは比較的「ゆっくりと安定した集客」を実現できる手法です。個人事業主や中小企業のWEBサイトでコンテンツSEOを行う利点として、以下の利点があります。

  1. 少ない広告費で長期的に安定した集客が望める
  2. 起業・独立を決意した「理念」などを再確認し、目的を明確化できる
  3. 「文章で伝える」事が上手くなる
  4. 自然にマーケティングの知識が身に付く

コンテンツSEOで大切なのは「自分のサイトに訪れた人」が「何を求めているのか」を考える事です。もっと言えば、どんな人を自分のサイトに集めたいのかを決めることから始まります。

個人事業主の場合「マーケティング」の専任者を雇うことは難しく、自分の事業の方針を決めるのも全て自分で行う必要があります。

自分がやろうとしている事業が、本当に社会のニーズにあっているのか。自分の事業を利用してくれているユーザーにとって、自分が提供しているサービスは本当に価値のあるものなのか。

コンテンツSEOをしていくことで、常に自分の事業ときちんと向き合う事ができます。

もちろん、この作業を一人で全て行うのはとても大変で、本業がおろそかになってしまいます。なので、WEB総務課であるLC-Worldがその手助けをしています。

最初は右も左もわからない状態でも、記事の書き方から少しずつ学んでいくことで、経営に必要なノウハウも少しずつ身についていきます。

具体的な
サービス

記事のネタ(キーワード)を探します

コンテンツSEOを行なっていると、多くの人がぶつかるのが「ネタ切れ」という壁です。

例えば「カレー専門店」というキーワードでの上位表示を狙ったサイトづくりをしていると、カレーに関するネタだけになってしまい、そのうち記事にするネタがなくなってしまいます。

ですが、実際にお客様のサイトに呼ぶ人は「カレー専門店」で調べる人だけでしょうか?もっと言えば、カレーを食べたいと思っているのはどういった人でしょうか?

ある程度記事を書いていくと、自然と他のキーワードや記事のネタが浮かんでくるのですが、最初はどうしてもネタ切れになります。

お客様の事業やサイトの内容に合わせた集客ができる「キーワード」や記事のネタ探しの手助けを行います。

ブログ記事のチェック作業を行います

ネタが見つかった後は実際に記事を書いていきます。ただ日記のように書くのではなく、「自分が伝えたいこと」を明確にし、それを「誰に」「どのように」伝えるのか、記事の書くコツを覚えることが大切です。

お客様が書いた記事は、公開前に構成はもちろんのこと、誤字脱字が無いか、文章の中で使われている単語の意味は正しく使われているかなど、細かくチェックします。

チェックした内容はLC-Worldで修正するのではなく、問題のある箇所などをご指摘させていただき、最終的な修正などについてはお客様の判断のもと行っていただきます。

LC-Worldで直接修正しないのは、お客様の言葉で記事を書いていただくことに意味があると感じているからです。

独立する人が増えている中で、自分たちのサービスを選んでもらうのは値段ですか?サービスの質ですか?もちろんこれらユーザーサービスを選ぶ理由の一つです。

ですが、多くの場合値段も質もあまり差はありません。特に個人事業の場合、一番の武器・商品になるのは「事業主」だと考えています。

事業によって異なりますが、その事業主が「信頼できる人だから」「楽しそうな人だから」など、利用者の多くは以外にもサービスよりもその事業主そのものをみて決めてます。

だからこそ、面倒でもお客様ご自身の言葉で記事の修正をしていただいています。

サービスの
利用方法

コンテンツSEOサービスは「WEB総務業」の一つです

原則としてコンテンツSEOだけのサービスの提供は行っておりません。

WEBに関するあらゆる問題の解決に一緒に取り組む「WEB総務業」のサービスの一環として行っていますので、コンテンツSEOのサポートは「WEB総務契約」の申し込みが必要です。

WEB総務業の料金やご契約については「WEB総務業について」をご確認ください。
WEB総務業の詳細はこちら